ここではお墓の使用規定についてご案内しています。
決められた使用規定を納得した上で契約

決められた使用規定を納得した上で契約


決められた使用規定を納得した上で契約
そもそもお墓というのは決して安い買い物ではなく、土地や自宅を買うのと同様に考えることが大切です。
長く使用続けるお墓なのですから、慎重に選んで後悔をしないようにしてください。 お墓におきましては、公営や民営を問うことなく、「使用規定」が決められています。
これには、あるお墓側が特定している石材店を指定しているものもありますので確認をしておきましょう。

お墓によっては自分のお気に入りの石材店があっても、その業者に依頼することが出来ないケースがあります。
ですのでまずは使用規定に書かれていることをよく理解しておくことが大切です。

墓地使用のための負担行為や改修工事などに関しての注意点が使用規定に記載されています。
お墓を購入後いざこざを起こさないためにも、使用規定は事前に確認をしておき、納得しておく必要があるのです。




決められた使用規定を納得した上で契約ブログ:09 8 2017

読者様は、
減量というと、
「食べる事制限」ということが
真っ先に思い浮かぶんじゃないでしょうか?

食べる事の回数を減らすとか、食べる事を抜く…といった、
過酷な減量をイメージする方も
少なくないのではないでしょうか。

ところが
普通に推奨されている減量では、
1日3食の規則正しい食べる事を
求めている場合が多いんですよね。

もちろん一食一食あたりの食べる事の量についても、
極端に少なくするという必要もありません。

減量中にこそ
規則正しく食べる事する必要があるのには、
それなりの理由があります。

ぼくたちのからだは、
しばらく栄養分が入ってこないと
「今、飢餓の状況下にある」と誤解をしてしまいます。

食べる事に含まれている栄養分が生きるために必要不可欠。
なので、
食べ物が入ってこないということに、
非常に敏感に作られているのです。

飢餓状態と判断した直後の食べる事では、
とにかくできるだけ多くの栄養分をからだの中に入れようとします。
次にいつ食べ物が入ってくるかわからないからです。

そのため、1日2食と3食とでは、
同じ量の食べ物を食べていても、
2食の方がより効率的にエネルギー摂取を行います。
結果、太りやすいからだになってしまうわけです

食べる事抜きダイエットという方法が注目されがちですが…

ぼくたちのからだの特性から考えると、
食べる事の回数を減らすダイエットというのは、
効果的ではないんですよね。

適量で規則正しい食べる事のほうが、
減量には効果的なんです!

しっかり食べた方が、痩せやすいからだになるんです!
決められた使用規定を納得した上で契約

決められた使用規定を納得した上で契約

★メニュー

お墓を買うということは使用権を買うこと
知っておきたい永代使用料の価格
お墓を建てる時期は特に決められていない
最近では都市部を中心に寿陵が増加してきている
すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法
決められた使用規定を納得した上で契約
好きな所にお墓を建てられるワケではない
公営のお墓の利点と資格条件
価格が割高になる民営のお墓
賢い石材店の選び方


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)家族みんなでお墓探しガイド