すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法

いつでもどこでも気軽にお墓参りをすることの出来る立地条件でしたら、移動に苦労をするようなことはないでしょう。
このことからアクセス性をまずは重視して考え、条件や環境の確認も忘れずに行いましょう。 仏教につきましては、四十九日までに納骨をするということが慣習となります。
しかし都市部などにおいてはお墓を建てるお墓が見つからなかったり、建墓に間に合わないこともよくあるのです。

 

もし四十九日に間に合わないようでしたら、お寺やお墓の納骨堂に遺骨を預かってもらって、お墓が完成してから納骨します。
これは決して仏教の教えに反していることではなく、問題ないやり方となります。

 

墓地だけ手に入れて墓石がまだ未完成の場合は、とりあえず遺骨を納める納骨室だけ作って納骨することが出来ます。
地上には角柱塔婆の正面に戒名、そして側面や裏面に俗名と生没年月日を予め書いておきます。





リサイクルショップ 大阪の案内
URL:http://kaitori20.com/
リサイクルショップ 大阪の専門です


すぐにお墓を建てることが出来ない時の対処法ブログ:11 11 2017

減量をしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
減量失敗を繰り返していたミー。

ミーの場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、おかしを食べてストレス解消。
お子さんたちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は兄とともに、夜更けにチューハイ+おつまみで乾杯。
お子さんたちが残したライスは、
もったいないのでお腹がいっぱいでも食べてしまう。
お子さんたちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

減量を始めても
この習慣はなかなか止められず
特におかしの誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
おかしを食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

おかしって、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
食べる事制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けておかしを食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いおかしも、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
減量中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しく減量をしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられる減量をしていきましょう!


このページの先頭へ戻る